« 昼食なう | トップページ | あとがき »

最終局面

お昼を食べて少し落ち着いたのか
妻は強烈に眠くなってうとうとしだす。

陣痛も遠のいたままなので、
人工的に破水させ、13時より陣痛促進剤を投入。

一気に子どもが降りてきて、
いきなり最終局面に突入。

何回か思いっきり息むと髪の毛が
ちらっと見えるように。
妻も鏡でその様子をみせてもらう。

あともう一息。
でもそこからなかなか進まない。

心音がやや良くない、とのことで
仕方なく会陰を少し切る。
切ったのが少しだけだったせいか、
よく言われるバチンっという音はしない。

妻は顔を真っ赤にして
額に血管浮かばせながら全力で息む。

麻酔が効いてて、力を入れる場所が
いまいちわからないので、
ここですよ、と看護婦さんに
お腹を押さえてもらう。

股下では助産師さんが股をこじ開け
子どもの頭を引っ張り出そうとする。

まさに最後の修羅場。
自分は手を握って見守ってるだけなのに
自然と一緒に力が入る。

がんばれ!あともう一息。

ついに頭がみえた。

と思うやいなや、頭から下は
一気にスルスルっと出てきた。

まるでツブ貝の身をにゅるっと
引き出すような感じ。

13時51分。体重2588g、身長49cm
ちょっと小さめ。

身体は毛深くて気持ち悪いくらい白く、
へその緒はもっと白い。

そのへその緒を素早く
クリップみたいなもので止める。

するとすぐ子どもが泣き出した。
自分の肺での始めての呼吸。

そんな様子をみて急に込み上げてきて
涙がでてくる。

ハンカチをポケットに入れててよかった。

そんな中、自らの手でへその緒を切る。
簡単な作業なのに動揺してて
一回では切れず、二回はさみを入れる。

そして妻の胸元でカンガルーケア。

まだしわくちゃで
人目にはとても可愛いとはいえない
自分の息子。

でも自分には愛らしくてたまらなく
幾度となく込み上げてきて涙が出てくる。

こうしてこれを書いてる今でも
なぜか涙が止まらなくなる。

自分は泣いたりとかしない人間だと
ずっと思っていたのにすごく不思議。

なんか人間ってこういう時に
本能で自然と涙が出てくるように
できてるんじゃないかと思ってしまう。

ありがとう。
産まれてきてくれて本当にありがとう。

それからしばらくして授乳指導を受ける。
まだ母乳は出ないけど、
刺激を与えるのが大切なんだそう。

そうしてるうちに身体はみるみる色付いて
顔も急に人間らしくなる。

たった一時間あまりで
こんなに刻々と顔が変わるのにはビックリ。

大きな目と少しへちゃげた鼻はたぶん妻似。
大きな耳は自分かな。

目にはもう立派なまつ毛が生えている。
これはきっと妻似。

妻も諸々の処置が終わりようやく落ち着くと、
暑くて暑くて、そして身体が
痒くて痒くてたまらなくなる。

産後は薄手の服にしとけばよかった、と後悔。

その後のオムツの変え方とか
体温の測り方とか全く頭に入らなかったそう。

そして個室へ移ってようやく落ち着く。
もう妻もすっかり回復して
一人で歩けるようになった。

無痛分娩だったので消耗が少ない。
ホントに無痛でよかった。

その後、息子は17時から検査。
特に異常なし。よかった。

18時過ぎに妻のご飯が運ばれてくる。
いかにも病院食でなく美味しそう。

そして今、悠くんは睡眠中。

そう、名前は既に決めてた「悠」にした。
おおらかな心を持った子に育って欲しい
という願いを込めて。

悠くん、これまで生きてきて
一番幸せな一日をありがとう。

そしてこれからもよろしく。

6535DA1E-4197-43E2-A57F-BE25CA1FFBE1

|

« 昼食なう | トップページ | あとがき »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326259/37785886

この記事へのトラックバック一覧です: 最終局面:

« 昼食なう | トップページ | あとがき »