« マタニティマーク | トップページ | ワークライフバランス »

報告

今日は上司との年度始めの面談。
そこで妻の妊娠について報告した。

自分は妻の妊娠が決まったときから
一つ決めていたことがある。

それは育児休暇を取ることだ。

幸い上司も「仕事の都合がつけば特に問題ない」
と賛同してくださった。

・・・過去の自分の仕事のスタイルを知る人にとっては
多分、これはかなり驚きのことだと思う。

自分は自他ともに認める仕事人間だった。

仕事のためにさまざまなことを犠牲にし、
そして仕事に人生のできるだけを費やす、
そんな社会人生活を送ってきた。

そうやってきたことで、成果も出してきた、と思ってきたし、
人より抜きん出た存在でいたい、と常に思っていた。

いわば受験戦争の延長線上から抜け出せなかったのだと思う。

でも、色々なことが重なって、だいぶ考え方が変わった。

一つはキャリア上での大きな挫折。

一つは「仕事をより充実させるための」
ワークライフバランスという考え方との出会い。

そして一つは妻の妊娠。

多分、一つ一つ単体では自分の仕事のスタイルを揺るがすまでの
インパクトはなかったかもしれない。

でも偶然か必然か、こういったことが重なったことで
自分の人生の力点は確実に変わりつつある。

本当にわからないものだと思う。

 

|

« マタニティマーク | トップページ | ワークライフバランス »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326259/34404903

この記事へのトラックバック一覧です: 報告:

« マタニティマーク | トップページ | ワークライフバランス »